女性への治療

女性の悩みは複雑で気軽に相談できずに苦しむ方も多いようです。
しかし多くの病気は治療が可能です。お気軽にご相談ください。

生理痛・生理不順

生理では子宮内膜が膨張し、その圧迫感や牽引痛
によって「つらさ」が蓄積されていきます。
生理痛の治療では、まず以前より存在する小さな痛み (慢性炎症など) とへ子宮周辺の牽引痛に対して治療を行います。
また、生理周期は子宮やホルモンバランスの状態のバロメーターです。
生理周期の乱れがちな方は不妊症や更年期障害の症状にも注意が必要です。治療によって正しい生理周期に戻していきます。

生理の時に「腰痛・頭痛など」がよく訴えられます。

泌尿器や生殖器の慢性炎症などをお持ちの方は腰痛を、

耳鼻咽喉科の慢性炎症などをお持ちの方は、肩こりや頭痛を訴えることが多いようです。

子宮の牽引やストレスと慢性炎症による反射性の筋緊張が重なって痛みを覚えることが多いまです。

治療では、生殖器・泌尿器。耳鼻咽喉科領域の反応点を検察し、鍼灸施術を行います。

反応点が回復すると、生理痛を訴えなくなります。お気軽にお申し出ください。

不妊症

妊娠を希望しているにもかかわらず2年以上妊娠しない場合不妊症と診断されます。婦人科で行われている一般的な不妊治療はタイミング法や人工授精・体外受精などです。しかし、受精して細胞分裂が始まった生命を子宮内に移植する体外受精を行っても子宝に恵まれない例が少なくありません(成功率は30 %程度 :厚労省)。

不妊の原因は個々に色々な事情があるのですが、細胞分裂が始まった卵胞を移植して育たないことは、子宮機能に不具合があると考えるべきでしょう。

その理由の一つに、胎盤が構成されると免疫力は高まりますが、当初の卵胞に免疫力が無いことがあります。初期の卵胞の免疫は子宮粘液が担いますから、子宮内環境が妊娠にとって一つのポイントであると考えています。

鍼灸治療では子宮内膜の働きを高める目的で生殖器の粘膜に着目します。そしてその周辺の自律神経機能を調整します。

どんな最新の医療技術を駆使しても妊娠されない方がいます。そんな方の多くは、子宮機能を見直してはいかがでしょう。

妊娠は、受精と着床によって成り立ちますが、着床障害は盲点の一つと言えましょう。

子宮反応点を徹底的に鍼灸施術して、妊娠が確認される方は少なくありません。不妊と子宮粘膜の分泌とが関わり

不妊症の鍼灸治療

 

 

更年期障害

閉経期前後の女性で卵巣機能の低下やホルモンバランスが崩れ自律神経失調を生じた状態が更年期障害といわれています。

婦人科ではホルモン補充療法・漢方療法・向精神薬などの治療が行われているようです。ホルモン調整治療で改善する例は20%程度といわれています。

これは更年期障害に複雑な要因が絡み合っているからと考えられます。女性ホルモンの減少と決めつけないことが大切でしょう。

一つの要因に平衡感覚の失調・鼻や喉の慢性炎症・膀胱や子宮の慢性炎症などがあります。これらの症状は自覚していないことも多いのですが、これらの症状へのアプローチは更年期障害の改善に大変大切なテーマです。

のぼせ・・・慢性鼻炎をお持ちの方に多く守られます。その点でホットフラッシュは根底に鼻炎が原因します。鼻炎による紅潮と精神的動揺などによる紅潮が重なると、強いのぼせが続きます。

鼻炎や咽頭炎などの反射が後部の筋緊張を誘導しますから、

頭痛や頭重、肩こりを伴うことも少なくありません。

 

冷え・・・・慢性炎症の皮膚表面には発汗や皮膚温が上昇します。すなわち、皮膚の血管拡張などを招きます。この時、近隣の脊椎レペルの皮膚から血液が供給されますから、その部分は冷え感を覚えます(交感神経の主要な働きに体温の保持機能がありますが、どこかにか放熱するときは、近隣脊椎レベルの皮膚の血流量は低下します。)

発汗・動悸・・・心臓の動脈硬化が始まっていませんか? 両足がむくむ方はポンプの力が十分に働いていない可能性があのます。心臓が興奮するときは、同じ自律神経系の興奮をまねくと考えられます。

 

自律神経失調症など

自律神経は、交感・副交感神経に分類されますが筋肉や皮膚の支配は交感神経です(副交感神経は内臓器官以外の部分に分布していません )。

自律神経症状の大部分は皮膚に関わるものですから、皮膚交感神経の興奮を促す要因を調べることで自律神経症状は対応できます。自律神経症状は平衡感覚を始め、皮膚や内臓からの情報などに応答して、血液循環やそのPh などを管理していますから、その対応は感覚器の過敏に対応することが大切でしょう。

そのため、その症状ごとに鍼灸施術による対応は異なります。

 

貧血

貧血の中でも女性に多いのが鉄欠乏性貧血です。生理によって血液を失う為に貧血になりやすいため、食物からの鉄の補給が大切です。鉄がヘモグロビン合成するためには胃(胃酸)と十二指腸の調子を整えるのがポイントです。鍼灸治療は胃腸の調子を優しく整え貧血を改善していきます。

いわゆる貧血症状は貧血ではありません。実は自律神経症状や貧血症状の多くは、平衡失調と思われる方がずいぶん多くおられます。脳に混乱を起こす(異なる情報が型になると脳はフリーズ状態になります= 失神)。内耳の働きは生命の最も基本的な働きです。ただ、自分では内耳の不調と自覚症状できないだけに気づかないことが少なくありません。

☆妊娠中のお悩み・・・つわり・腰痛・逆子等。

妊娠中の不安や体調管理は赤ちゃんの成長にも関わります。また「妊娠中に鍼灸治療は大丈夫ですか??」とよく皆様よりご質問があります。

鍼灸治療は副作用が無く心身に優しい治療です。安心して治療を受けて頂けます。また、つわり症状の緩和・逆子の施術に実績があり、多くの方に広く知られています。

当院では優しい鍼の他、刺さないローラー鍼やほんわか温かい温灸で症状に合わせた施術をさせていただきます。お気軽にご相談ください。私どもは、元気な母体が元気な赤ちゃんを育てる! と考えています。

灸といえば逆子の治療が有名ですが、産婦人科学会誌やヨーロッパの産科データによると、至陰・三陰交のお灸では十分で無いことが明らかにされています。当院では、お母さんの自律神経機能・肝臓機能の改善が大切だと考えています。

つわりほど個人差が大きい辛さは無いかもしれません。中には出産まで続く方がおられます。消化器や肝臓など代謝に関わる内臓機能の改善が鍵でしょう。

妊娠後期の腰痛はどなたでも経験しますが、骨盤周りの筋肉の緊張、腕から背中に連なる筋肉(広背筋)の緊張がテーマです。お腹が大きくなると体のバランスが崩れ、足腰の筋肉が硬くなりやすいのでしょう。