院長の一言メモ

9月の健康づくり。

9月の健康づくりのポイント**

9月の健康づくりのポイント・・・秋雨前線の影響でこの時期は気候の変化が大きく、また今年の夏の酷暑で暑さに負け食欲低下や睡眠不足など夏の疲れが残っている方が多いようです。秋は呼吸器の調子を落としやすいいわれ 合わせて心臓・胃腸・肝臓機能に要チェックです。内臓のトラブルが肩・背中・腰・などの痛みとして表れることが増えてきます。

朝晩はだんだん過ごしやすくなっていきますが昼間はまだまだ残暑が続きます。夏から秋への身体の切り替え大変難しいです。夏のままのスタイルで就寝して寝冷えして風邪をひいた・・・鼻・喉・耳の炎症を引き起こす方も増えてきました。

健康づくりのポイントは、残暑対策と免疫力の強化。

免疫力を高める・・・・皮膚・粘膜を外敵(花粉・カビ・ウイルス・細菌)から守る 肝臓と胃腸や喉鼻の調子を整えることです。

初秋は呼吸器に大きな負担がかかる季節とも言えます。意外と多いイネ科の草花等の花粉症。鍼灸治療は、そんな心身の調子を整えます。

心身の大きな負担はいわゆる自律神経失調症状の要因となり症状を訴える方が多い季節となります。めまい・動悸・のぼせ・食欲不振・不安等の症状が出やすい季節となります。

呼吸器の不調 特に鼻・耳の調子の悪さは自律神経の調子を落とします。早めのお手当お勧めです。

反応点治療はお一人お一人のお身体の状態に合わせた施術を行います。先ずはメールやお電話でお気軽にご相談ください.

 


 

 

 

 

ごあいさつーー 院長 河村 みゆき

長年鍼灸治療に携わって参りましたが、患者さんは身体の疲れとともに精神的な疲れにも苦しんでいらっしゃると感じます。
”心に栄養”を そして”身体にいたわり”を多くの方に届けたい、そんな思いで西宮に当院を開院しました。どうぞお気軽にご相談ください。
P21601(1)

当院は反応点治療研究会(鍼灸治療に反応点を用いるグループ)会員です。
反応点治療研究会のホームページはこちら>> http://www.hannoten.com

書籍紹介

・反応点治療ー経絡もツボも使わない新しい鍼灸治療:河村広定 著


・ツボ刺激による自己ケアー皮膚から検索・疾患別アプローチ:河村広定 著