院長の一言メモ

6月の健康づくり。

6月の健康づくりのポイント*

6月九州南部地方が梅雨入り!!梅雨前線の北上が始まりました。この季節 暑さと湿気の上昇で 体調を崩す方が増えてきますね。心身のだるさ食欲不振の症状が出てきます。感染性の疾患(胃腸炎や手足口病・・など)や皮膚炎やぜんそく(イネ科の花粉やカビ)が増えてきます。

6月病?なんて言う言葉も・・新生活で緊張の続いていた生活から慣れてきた頃に梅雨の不安定な気候と重なり体調管理が難しい月と言われています。やる気が出ない・食欲不振・頭痛。めまい・不眠など体調の異変がでやすいこの時期の健康づくりのポイントはストレス・疲労・気温・湿度上昇への対応。

疲労・ストレス対応・・休養・栄養・運動そして免疫機能の向上させること大切ですね。肝臓機能や胃腸の働きで修復能力が高まると考えられます。鍼灸施術は消炎作用を高め修復機能を高めます。

健康づくりのポイントは、暑さ対策と早めの疲労回復と免疫力の強化。

心身の大きな負担はいわゆる自律神経失調症状の要因となり症状を訴える方が多くなります。梅雨の季節は、めまい・動悸・のぼせ・食欲不振・不安等の症状が出やすい季節となります。

呼吸器の不調 特に鼻・耳の調子の悪さは自律神経の調子を落とします。早めのお手当お勧めです。

反応点治療はお一人お一人のお身体の状態に合わせた施術を行います。先ずはメールやお電話でお気軽にご相談ください.


 

 

 

ごあいさつーー 院長 河村 みゆき

長年鍼灸治療に携わって参りましたが、患者さんは身体の疲れとともに精神的な疲れにも苦しんでいらっしゃると感じます。
”心に栄養”を そして”身体にいたわり”を多くの方に届けたい、そんな思いで西宮に当院を開院しました。どうぞお気軽にご相談ください。
P21601(1)

当院は反応点治療研究会(鍼灸治療に反応点を用いるグループ)会員です。
反応点治療研究会のホームページはこちら>> http://www.hannoten.com

書籍紹介

・反応点治療ー経絡もツボも使わない新しい鍼灸治療:河村広定 著


・ツボ刺激による自己ケアー皮膚から検索・疾患別アプローチ:河村広定 著